--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

09.30

落下3

「あらフウナ、あなたいつ脆弱で繊細になんかなったのよ?」
「強靭じゃないよ、繊細じゃないけど。でも、狂うのは分かった気がしたんだ。やっぱり失敗作だよ」
 へらりと笑って断定する。
「三百年生きてる伯爵やエーダは、強いと思うよ。知ってる人がどんどん少なくなっていく中で、その子どもを、その孫を、ずっと見てきてるんだ。すごいってば」
「もっと、よ。ママが知ったときにはすでに今の姿だったというから、もっと生きてるわ。アレは別物、化け物の類よ」
 二人ともいつも以上に饒舌だった。フウナが悲しみを払拭するように、リイザは徹底的に喋ることにした。批判であれ、冗談であれ。
 何かと制約の多い守護者と、何者からも自由であるはずの猫と。共に生きようとは思わないものの、リイザはある種の親近感をフウナに対して持っていた。
「忘れることよ、フウナちゃん。子どものようなフウナちゃん。悲しいのなんて一瞬だわ、悲しむのはそう、生者のためだもの」
「違うんだ、リイザさん。守護者の死は人間の死じゃない。たくさんのコードに繋がれて、エーダを核とする生体コンピュータの一部になるんだ。エデンの住民の願いを聞いてるのは、それまで、笑ってた、悲しんでた、守護者の成れの果てなんだ…!」
 それは、死んではいないけれど、生きてもいない。
 無理に会おうと思えば、会えなくもない。ただ、長以外、廟所に立ち入ることは許されていない。
「だから悲しいんだ」とフウナは言った。
 いずれ繋がれることを知りながら。
「会えるんだよ、ボクは無理やりにでも扉をこじ開けることができるんだ。だけどそうして会っても、そこにいるのはもうショウじゃない」
「だから、スイを殺させないのよ。繋がれる?冗談じゃないわ。フウナちゃんはどうなのよ」
「ボクは…ボクは繋がれてもいいと思ってる。生きてたって役に立たないもん。でも、カヤはそうして守護者を繋ぐことを、すごくすごく嫌がってた」
 十代目の長は、フウナの妹だったという。そんな使役のような真似はできないと、自分が長になって以降「死ぬ」守護者をすべて月面都市キリエへ送っていた。例外は九代目の長のみという徹底さだった。
 人工島エデンの暗部を、フウナは自分ひとりの胸に留めておくことができなかった。リイザという理解者を得て、堰を切ったように畳み掛ける。
「悲しいからって、僕には長のような力があるわけじゃない。どうにもできない。だから悲しい。下を向いたら涙が出ちゃうほど。もう会えないのが悲しい、寿命だったとは言っても何にもできなかったのが悔しい」
「でも生きたくないんでしょう。ショウは人の世界に出て狂ったって聞いてるわ。極端にまで人を、世界を、恐れるようになったって。あんたは役立たずだから繋がれてもいいって言うけども、ショウだって同じじゃない。人と交われない守護者なんて、コンピュータに繋がる以外使い道がないのよ」
 き、とフウナはリイザを見下ろした。枝の上から。ソメイヨシノは緑の葉が揺れている。フウナの長い亜麻色の髪が、生き物のようにうねる。
「ナニソレ。使い道って。ボクたちだって精一杯生きてるのに」
「悲しい方向が間違ってるって言いたいのよ。足掻きなさいよ、もっと、もっと、もっと!」
 アタシたちのように、と。
 みっともなくていい、スマートになんて生きられない。
 リイザは、空を睨む。
 わざと傷つけるようなことを言ったのは、憎いからではない。
「だいたい、作りっぱなしで放置って、ママも伯爵もどうにかしてるのよ。フウナちゃん、文句を言うならあの二人によ」
 エデンが無法地帯に近い状態にまでなったのも、あの二人のせいなのだとリイザは拳を振り上げた。でも、下ろす先がない。力を充分に加減して桜の幹を叩いた。
 そしてその無法地帯でないと、自分は生きられない。守護者が争いを厭うのと同じように、リイザたち楽園の猫は平穏を厭う。
 どちらを作ったのも、伯爵と呼ばれる研究者と、リイザが「ママ」と呼ぶ育て親だった。
「で、悲しいのは紛れた?」
「紛れた!てゆか、伯爵も「ママ」も知らないけど、元のショウにももう会えないけど、ボクはもうちょっとだけ生きる。文句言うために生きる」
「あははは!なにそれ!でも良い、あんたらしくて良いわぁ」
 すぐに会えるわよ、とリイザは笑った。会いたいなら言いなさい、と。
「あの二人が守護者から文句言われるだなんて、きっと今までなかったことよ。スイだって言わないもの」
「スイは文句言わなすぎ。で、リイザさんは文句言いすぎだからもうちょっと控えた方がいいと思う」
 緑の風が、二人を包む。優しい風だった。
 春の嵐はどこへやら、穏やかな日だった。
 とりあえず前を向こうというフウナの姿勢が、リイザは好きだった。だからお節介がやめられないのだ。
「ソメイヨシノは良いね。ここが見える場所で争いが起らないっていうのは、何だか分かる気がする」
 争いを好むという猫が普通の人の振りをしてわざわざ会いに来てくれた。
 そのことを今は嬉しく思おう。
 そしていつか「でっかいの」に会ったら言うのだ。いつかの気遣い、借りは必ず返す、と。

 フウナとリイザは、空を見上げた。
 けれど同じものを見ているわけではない。
 ただ、涙が落ちるからという理由ではないことだけは確かだった。
スポンサーサイト

小説トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。