--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

08.27

自由になる為に生まれた.4.


 エンがハイワンの座っていたのと同じ場所に腰掛けるのを待って、スイは言った。
「ずいぶん早かったね」
 リイザとライザよりも早く、エンはここまで駆けつけた。自身でもすぐにエデンへ入り自分の元SPを探していたらしいが、それにしても早い。スイが彼を見つけたのはほぼ偶然だというに。
「運が良かったのだ」
 刀に似合わぬ笑顔で言う。
「しかしスイ、これは何だ?」
 血に濡れた紙片は、くしゃくしゃになっていた。確かにスイがハイワンに手渡したエデン中央銀行の小切手だった。
「どうした、仏心を出したか」
「殺すしかなかったと俺も思うんだけどね。お前を裏切って、俺たちが許せない行動をとった」
 それでも、と思うのは。
「やっぱり俺は甘いなぁ」
「仕方ない、それが守護者だ」
 エンにしては優しい言い様に、スイは頷いて返した。
「良くご存知」
「残念ね、わたし達の獲物ではなかったの」
 ハイワンがいる時には黙していたマリアが、至極残念そうな声を上げた。作り物の声が、ぜんぜん機械のようには聞こえない。
「飼い主はエンだからな。で、ふたりは?」
「階段を上がる足音が聞こえるわ」
 さも耳で聞いている風に言う。
「それじゃ、みんなでこれをどうするか考えるかな」
 スイが示した先にあったのは、大粒の人工ダイヤ。エンが飼い猫のために特注で作らせた、そしてほんのジョークで楽園の猫たちのデータを乗せた5カラットの大物。
「キティの装飾品にでもすると良い。雪梅には新しい飾りを買ってやった」
「チョーカーにでもするかな。ちょっと大きすぎるか」
 左手でつまみ上げ、ガラス越しの陽光にかざした。
 きらきらと光が渦巻く。
「これのどこにどうやってデータが入ってるんだかね」

「そんなのどーだっていいわよぅ!」
 ばぁん、と壁が叩かれた。……力は加減したのだ、本気で叩けば壁など崩れる。
「――キティ」
「アタシが殺してやろうと思ってたのに。エンの馬鹿、なんだって先に殺しちゃうのよっ」
 頬を膨らませて、肩を怒らせて。早すぎるわ、と詰る。ずかずかとエンの目の前に立ち、他の誰にも許さない行為に出た。
 ……むに、と頬をつねったのだ。エンの(年齢の割には)柔らかな頬が、リイザの華奢な指先に、神妙に抓まれている。
 怒っているという割には、行為が手緩い。
「リイザ、そろそろやめておけ」
「しかし今回の失態はほとんどエンの所為だよ、スイ。リイザの言うことに一分ある」
 リンクスにしてはやんわりと窘める。皆、尖らせた爪を立てないように、じゃれ合っているだけのようだ。
「……爪が割れちゃうからやめておいてあげる」
 無茶苦茶な理由をつけて、綺麗に塗られた爪を大事そうに戻した。
「それなりに痛かったぞ、キティ」
 エンは『ラグドール』よりは一般に知られた名前で、リイザを呼ぶ。
「痛くしたんだもの、とーぜんでしょ」
 腕を組み、口を尖らせる。いつものことだが、いちいち仕草がオーバーだ。
「それにしてもね」
 マリアが、騒ぎに声だけで参加する。
「気を付けなければならないのは、『わたし達』と『蔡主』が繋がっていると目を付けた誰かがいるって事よ。ねぇ、誰か心当たりはあって?」
 ハイハイとリイザが手を上げた。
「アタシ遊びに行ったわ、蔡氏の島に」
「私達の姿は誰にも知られていないと思うが?」
 ライザの指摘に、あっそうか、と手を打つ。洋服のようにとまではいかないが、リイザとライザはその姿をよく変える。金は掛かるが、そうした技術がエデンにはあった。また、オンライン上ではどのような変装も可能だし、マリアに至っては端末さえあれば複数が同時に存在することすらできる。
 変装は趣味だと言い切るリイザは、頻繁に身体を取り替えている。
「わたしも調べてみるけれど、エンにもお願いね、少し気に掛けておいて頂戴な」
「了解した。身辺整理をしてみよう」
 マリアは微笑んだようだった。 
 リイザが、スイの手から煌めくダイヤを取り上げた。
「ね、スイ、これ色をつけて。黒のベルベットのリボンでチョーカーね」
 確かにきれいね、と今度はマリアのマニピュレータが伸びる。
「ねぇ、みんなでこれとお揃いを作ってカムフラージュしちゃうのはどうかしら」
 結構な金がかかるその提案を「面白いかもしれない」というライザに、ダイヤは渡った。
「少々派手な気もするが…」
 まわってスイの手に戻る。
「ンなもん、俺はつけないよ」
 エンが言う。
「ではそれを砕き、身に着けやすいよう小さくしてやろう。データなんぞ、必要はないだろう?」
 むしろデータは、邪魔だった。そんなモノがなくても、仲は壊れたりはしない。では何故そんなものが存在するのか。――昔、何かがあったとだけ、言える。
「データなんていらないわ、だってそれってまるで首輪じゃない」
 猫の瞳を煌めかせ、リイザが言う。
「アタシたちは自由になる為に生まれたのよ」
 それを束縛するものなど必要ない、と。
「首輪?チョーカーが欲しいとねだったのはどこの誰だ」
 ライザが笑う。
 猫とは元来マイペースな生き物だ。そう呼ばれるということは、それなりに生きてきたということ。
「生き方を縛られる情報なんて、確かにぞっとするな」
 やはり取り返して正解だったのだ、とスイは自分の気持ちに区切りをつけた。たとえ命を奪っても。
「アタシたちは自由だわ、誰からも、何からも」
 猫だと揶揄して言われようと。代償を支払おうと。
 ――譲れない。負けられない。

 そう、確かに自分達の手で、自由を勝ち取っているのだ。



終。
スポンサーサイト

小説トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。